BuzzAura Newsletter

Trending stories delivered to your inbox

Subscribe to our newsletter. Plus, get access to the latest and greatest content from BuzzAura.

毎日コーヒーを飲むと8つの副作用とは?

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_1

コーヒーは何百万人ものアメリカ人が毎朝飲むものです。温かみがあり、とても魅力的です。また、カフェインが多く含まれているので、1日を始めるのに必要な活力を与えてくれます。しかし、1杯のコーヒーを飲むと、実際に体の中で何が起こるか知っていますか?

コーヒーを日常的に飲む習慣がある方は、その効能を知っておくとよりコーヒーを楽しむことができるようになるかもしれません。ここからは、コーヒーの様々な効能について解説します。

1. 心臓病や脳卒中を予防

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_2

1日3~4杯のコーヒーを習慣的に飲む人は、飲まない人に比較して心臓病や脳卒中のリスクが低いことが、とある研究によって証明されています。これは、コーヒーに含まれるポリフェノールが血糖値や血圧を調整するほか、カフェインが血管の健康を保つ働きをするためではないかと言われています。

1日1~2杯を飲む場合でも、心臓病や脳卒中による死亡リスクが低下することが証明されているので、少なくとも1日1杯はコーヒーを飲む習慣をつけるのがおすすめです。

2. 高血圧を予防する

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_3

カフェインには血圧を上昇させる作用があるため、コーヒーを飲むと高血圧が悪化するのではないかと心配する方もいるでしょう。実際にカフェインを摂取した直後は血圧が上昇しますが、これはあくまでも一時的なものなので心配ありません。むしろ、コーヒーの習慣的な摂取は高血圧のリスクを低下させることが、近年の研究で明らかになっています。

これは、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸の抗酸化作用によって、傷ついた血管が修復されるためだと言われています。コーヒーには高血圧の予防効果だけでなく、改善効果も期待できるので、すでに高血圧に悩んでいる方にもおすすめの飲み物です。

3. 脳の老化を防止

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_4

コーヒーには、傷ついた細胞を修復する働きをするニコチン酸が含まれているのが特徴です。人の体にあるニコチン酸は加齢とともに減少するため、細胞の修復が追い付かなくなることで老化が進むと言われています。そこで、コーヒーからニコチン酸を補充することで、細胞の修復が促進されて老化を抑制することができます。

さらに、コーヒーに含まれるポリフェノールにも皮膚の老化を遅らせる働きがあることから、肌の老化防止にも効果的です。加齢による老化が気になり始めた時には、意識的にコーヒーを飲むようにしましょう。

4. 糖尿病の予防

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_5

国立国際医療研究センターの研究によると、1日3〜4杯のコーヒーを飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて2型糖尿病の発症リスクが低いとされています。これは、コーヒーに含まれるポリフェノールが糖の代謝を促進したり、腸管からの糖の吸収を抑制するためではないかと言われています。

なお、カフェイン抜きのコーヒーでも糖尿病の予防効果があることが確認されているので、カフェインが気になる場合はカフェインレスコーヒーを選ぶと良いでしょう。ただし、コーヒーを飲むときに砂糖をたっぷり入れると、糖尿病のリスクを逆に高めてしまいます。健康維持のためには、砂糖なしで飲むか、少量の砂糖で我慢することが大切です。

5. 肥満防止

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_6

コーヒーはカフェインを含む飲み物としても有名ですが、カフェインには体内での脂肪分解を促進する効果があると言われています。さらに、コーヒーに含まれるポリフェノールにも体内での脂肪合成を抑制する働きがあるため、カフェインとポリフェノールの相乗効果によって脂肪を効率的に減らすことができます。

このようにコーヒーは肥満防止に役立つ飲み物なので、太りがちの方や体脂肪を減らしたい方は、コーヒーを飲む習慣をつけてみると良いでしょう。

6. 血液をサラサラにする

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_7

血液をサラサラにする食材としては玉ねぎが有名ですが、コーヒーにも血液をサラサラにする効果があります。

脂質の多い食事を取ると、血中の脂肪分が増えることで血小板と呼ばれる血液成分の働きが強まり、血液が固まりやすくなります。しかし、コーヒーを飲むとポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」の働きによって血小板の働きが弱まるため、血が固まりにくくなって血液がサラサラになります。

特に脂っこい食事を取ることが多い場合は血液がドロドロになりがちなので、健康維持のためにも食事と一緒にコーヒーを飲むようにしましょう。

7. リラックス効果

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_8

コーヒーは、味だけでなく香りが好きな方も多いでしょう。実は、このコーヒーの良い香りにはリラックス効果があることが、脳医学の分野でも証明されています。さらに、コーヒーに含まれるカフェイン自体にもストレスを減少させる効果があるため、コーヒーはストレスを感じた時にはぴったりの飲み物と言えるでしょう。

ただし、香りによるリラックス効果はコーヒー豆の種類によっても異なり、特にブルーマウンテンとグァテマラがリラックス効果が高いと言われています。また、浅煎りの豆よりは深煎りの豆の方が香りが良い傾向にあるので、リラックス効果を得たい場合は豆選びにもこだわってみましょう。

8. 便秘の改善

8 Side Effects Of Drinking Coffee Daily Jp_9

コーヒーを飲むと、個人差はあるものの大腸の蠕動運動が活発になることが知られています。その作用は特にカフェイン入りのコーヒーで強くみられますが、カフェイン抜きのコーヒーにも弱いながらも効果が見られるのが特徴です。さらに、コーヒーを飲むことで腸内の善玉菌が増えるといった研究結果もあります。

コーヒーは、これらの効果から便秘の改善に役立つ飲み物なので、便秘に悩みがちな方は試しにコーヒーを飲んでみると良いでしょう。

Trending Posts

More On BuzzAura

FREE NEWSLETTER

Sign up our Newsletter for Free. Be the first to find what's new on BuzzAura.

Click Allow for free updates on top stories you'd love!
We use cookies to enhance your experience. By clicking any link on this site you are giving your consent to our cookie policy.
Got It Learn More